忍者ブログ

素人翻訳

適当に翻訳する。

man pdftohtml、日本語、linux

「PDFTOHTML(1) 日本語試訳」

翻訳にあたって大いに参考にしたサイト


-------------------------------------------
PDFTOHTML(1)

名前
pdftohtml - PDF ファイルを HTML、XML、PNG 画像に変換するプログラム

書式
pdftohtml [options] <PDF-file> [<HTML-file> <XML-file>]

説明
  このマニュアル・ページでは pdftohtml コマンドについて簡単に説明する。このマニュアル・ページは Debian GNU/Linux 配布系のために書かれたものである。元のプログラムにはマニュアル・ページが付属していなかった。

  pdftohtml は PDF 文書を HTML に変換するプログラムである。同プログラムの出力は、実行時点の作業ディレクトリに作成される。

オプション
オプションの概要は以下の通り。

-h, -help
オプションの概要を表示する。

-f <int>
変換処理を始めるページ。

-l <int>
変換処理を終えるページ。

-q
如何なるメッセージやエラーも表示しない

-v
著作権と版の情報を表示する

-p
.pdf のリンクを .html で置き換える

-c
1 頁が 1 HTML 文書となる複合型出力(complex output)を生成。

-s
全頁を含んだ単一の HTML 文書を生成する

-i
画像を無視する

-noframes
フレーム無しの HTML。複合型出力(complex output)では無視される。

-stdout
標準出力を使用する

-zoom <fp>
PDF 文書を拡大する(初期設定は 1.5)

-xml
後処理に使える XML を出力する

-enc <string>
出力文字列の符号化方式の名前

-opw <string>
所有者パスワード(暗号化されたファイルの場合)

-upw <string>
ユーザ・パスワード(暗号化されたファイルの場合)

-hidden
非表示のテキストの抽出を強制する

-dev
Ghostscript の出力デバイスの名前(png16m、jpeg など)。このオプション指定がなければ、スプラッシュを使用する。

-fmt
スプラッシュ出力用の画像ファイルの形式(png あるいは jpg)。複数 HTML を用いる複合型出力を選択し、且つ、-fmt も -dev も指定しなかった場合、-fmt png を指定したものと見做される。

-nomerge
段落を繫げない

-nodrm
文書のDRM(デジタル著作権管理)設定を上書きする


開発者
  Gueorgui Ovtcharov と Rainer Dorsch が pdftohtml を開発した。このプログラムは Derek Noonburg の xpdf パッケージを基にしており、同パッケージに負うところ大である。
  Søren Boll Overgaard <boll@debian.org> がこのマニュアル・ページを執筆してくれた。このマニュアルは Debian GNU/Linux システムを想定したものだが、他のシステムでも使えるだろう。

----------------------------------------

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[04/05 NONAME]

ブログ内検索

広告

バーコード

広告